旅大学に気軽にこれる仕組みを考えました。え、全てあなた次第ってどういうこと!?

Text by 恩田倫孝

こんばんば、旅大学・学長のみっちーです。
2019年になりましたね。なんともあっとういう間に。

さてそんな始まったばかりの2019年ですが、いくつかの旅大学で【支払いをみなさんが納得する形で決めようと思います】。そしてこの旅大学をもっとみなさんと一緒に作っていきたいという思っているので、ぜひ読んで貰えると嬉しいです。旅大学にくるハードルがぐっと低くなるはずです。

こんな疑問から始まりました。

・イベントに行く前になんでお金を払うんだろう
・感じる価値ってみんなそれぞれ違うんじゃないか
・お金以外の対価でも支払ってもいいんじゃないか

僕自身いろんなイベントにいくのですが、僕が感じていることと、隣の人が感じていることはもちろん違う。僕がいいなあと感じていても、隣の人はそう感じていないこともあるし、逆もしかり。何に価値を感じるのかってひとそれぞれだと思うんです。そして、この価値とか満足感はイベントが終わったあとじゃないと分からない。


もしイベント自体がつまらなかったら、ぶっちゃけ何も対価を払いたくないじゃないですか。逆にすごい良かった!みたいなことがあったら、たくさん支援できたら気持ちいいと思うんです。

さらに、その支払は別に金銭に限らなくてもいい。たとえば、旅大学のレポートを書いて恩返しみたいなことでもいいですし、次の旅大学のお手伝いを何かする、他のゲストを紹介してみるみたいなことでもいいです。次に美味しいお酒を持ってくる等々。こちらは一例なのでみなさんにおまかせします。対価をお金以外で考えることってあまり無いと思うのでなんか新鮮じゃないですか?
 

みなさんが納得する形で決めてもらうことが一番大切だと思ってます。みんなが同じ値段を払う必要もないし、金銭にこだわる必要もない。事後にその対価を考えて還元して貰えるような仕組みを作っていきたいなと思います。
 

#支払いの流れ:



イベント後にメールで連絡をします。もちろんお金でのお支払いでもいいですし(金額はみなさんにお任せします)、あるいは別の方法での還元でも大歓迎です。この旅大学を通じて、あたらしい循環が生まれたら嬉しいです。2019年は、いい関係をみなさんと作っていきたいと思っています。
 

◎まとめ:
・イベントの事後に対価を決めてください
・お金でもいいですし、お金じゃなくてもいいです
 

それでは!今年もよろしくです。

Twitterもぜひフォローしてね。

この仕組みを取り入れている旅大学一覧(随時更新)

【1/27】関西人トリオが語る!「たのしい世界一周トーーク!!」vol.7

 

Text by 恩田倫孝