2019年2月03日 (日)
大阪 言語の壁を超える学部 受付中

【2/3 大阪】旅人の新しい必需品!?言語の壁を越えるボードゲームを体験しよう!

日時
: 2019年02月03日(日) 16:00
教室
: Benten LAND
定員
: 20名限定
講師
: 青木晃一 , 山本 龍之介 , 張本 舜奎
参加費
: 1,000円 (一般)
: 1,000円 (学生)

◉イベントまとめ
今回は旅大学特別編です。
ボードゲームを愛してやまない旅人二人によるボードゲーム×旅のイベントを行います。
実際にイベントでは、世界中で親しまれているバックギャモンというボードゲームを参加者の皆さんと一緒にプレイする時間もございます。ルール説明もしっかりしますので、「ボードゲームって何?」という方もぜひご参加ください!

こんにちは!TABIPPOのぶるです。

「旅行に何を持っていくか」

それは人それぞれだと思います。

ある人は、楽器を持って演奏をして現地の人とコミュニケーションをとったり
またある人は、折り紙でいろんな人にプレゼントをしたりなどなど。

 

しかし、私はこう答えます。
ボードゲームを持っていく」と。

初めて宿で会う海外の人と言語があまり通じなくても、簡単なルールのボードゲームで遊んでいるうちに仲良くなって、気づけば友達になっているという機会が何度もありました。

日本では、まだあんまり知名度の高くないボードゲーム
しかし海外では、街中で若者から老人までお茶を片手にボードゲームをしているという風景を何度も見ました。


もし、あなたがそのボードゲームのルールを知っていたら、言語は伝わらなくてもそこに混じって「ローカルな人と仲良くなることができるかも?!」

そんな魅力がボードゲームにはあります。

ということで、今回はボードゲーム愛の深い二人によるボードゲームのためのイベントをご用意いたしました!

イベントの内容は?

今回のイベントは大きく分けて2部構成になっています。

前半は、ファシリテーターとゲスト二人による旅とボードゲームに関する愛のこもったトークを行います。そして後半は、参加者のみなさんと一緒に実際にボードゲームを遊びたいと思っています!

※今回は世界中で行われており、歴史も長いバックギャモンというボードゲームを行います。お楽しみに。

「そもそもボードゲームって何?」「バックギャモンを聞いたこともない」という方でも大丈夫です!ルール説明からしっかりとさせていただくので、ご安心ください!

■トーク内容は?
トーク内容はこんなテーマで進めていこうと思っています。(内容の変更あり)
◎旅のルートや予算は?
◎オススメのスポットは?
◎言葉の問題をどう乗り越えた?
◎海外を写真とともに振り返る
◎どんなボードゲームをした?
◎オススメのボードゲームは?
◎ボードゲームの良し悪し

少人数で行いますので、みなさんの意見を聞きながら進めていこうと思います!

今回の魅力は?

◎ボードゲーム好きの友達がたくさんできる
参加者同士が交流しやすい工夫をしていきます。ボードゲーム好きというマニアックな友達をたくさん作りましょう!

◎旅の情報を直接得られる
ゲストだけでなく、参加者も旅好きが多く集まるのが旅大学の特徴です。サイトに載っていない生の情報を得られるので、今年の旅行先に迷っているという方もぜひご参加ください。

◎アットホームな雰囲気
今回は限定20名のイベントとなっております。お一人での参加も大歓迎です!少人数で行うので参加者同士の距離も近く、温かい雰囲気で進めていきます。

◎どんな人でも楽しめる
ボードゲームを全然したことない!という方でも楽しめるように丁寧にルール説明をして、誰でも楽しめるようなイベントになっております。

ゲストはどんな人?

トークゲストその①

山本龍之介(やまもとりゅうのすけ)
1995年生まれ、兵庫出身。
大学を2年間休学して、文化を体感しにフランス留学、アフリカS断、中東旅行を行なった。旅では街中で遊ばれていたボードゲームに参加させてもらって現地人とコミュニケーションを取っていた。現在は、「ボードゲームを日本文化にする」をテーマに、会社や個人としてボードゲーム制作やボードゲームイベントの開催を行なっている。

旅と芸術とボードゲームがキーワード

トークゲストその②

青木晃一(あおきこういち)
1997年生まれ、大阪出身。
かっこいい先生になりたいと思い世界一周を決意。大学2年のとき休学し、8ヶ月で30カ国の世界一周を経験した。
旅の終盤にはなぜか、貯金残高が8,000円になり、クレジットカードと周囲の人からの寄付で帰国までつなぎとめたという超貧乏バックパッカーでもあり、旅中のコミュニケーションツールとしてボードゲームを持っていた。
現在は、TABIPPOでインターンとして毎週旅大学を運営している。

旅と教育とボードゲームがキーワード

ファシリテーターはこの人!

張本 舜奎(はりもとしゅんけい)
1995年生まれ。人とつながるホステル「 LINDA HOSTEL 106 」 を3月に大阪で開業予定。今は旅人と住人が交流する非日常な空間を、大阪の日常に組み込めればと思いながら準備をしています! 人生のテーマは、"「毎日が楽しい。」に繋がる、安心と学びがある場をつくること" 。

Twitterはこちら

こんな人に来てほしい

ボードゲームLOVEという方
ボードゲーム好きの友達が欲しい方
旅先に変わったものを持っていきたい方
英語が話せなくて旅が不安という方
旅に関する情報が欲しい方
イベントが好きな方

イベントの詳細

会場
bentenLAND
ー住所:大阪府大阪市港区弁天4丁目5−21
ーアクセスはこちらから

募集人数
20名限定

○日時
2/3(日)16:00〜19:00まで 

○参加費
一般:1,000円
学生:1,000円

○当日のタイムテーブル

15:30 開場・受付開始
16:00 授業スタート
16:00 - 16:10 アイスブレイク
16:10 - 16:20 団体紹介
16:20 - 17:00 旅とボードゲームの話
17:00 - 17:20 ゲストによるトークセッション
17:20 - 17:30 休憩&準備
17:30 - 18:50 みんなでボードゲーム!
18:50 - 19:00 感想のシェアタイム

○申込方法
こちらのサイトより講座申込みボタンを押して下さい。
決済のサイトのメールを自動返信メールでご連絡致します。
※メールが来ない際は、
tabi-daigaku@tabippo.netまでご連絡下さい。
 
そして、入金を事前にされた方のみお越し頂けます。
※キャンセルポリシー等は、必ずこちらをご覧下さい。返金に関するポリシーですので、必ずお読み下さい。

旅大学に登録無しで直接チケットを買いたい方は、下のフォームをご記入ください。

今回の共催団体はこちら

きらくぶ 〜気楽な企画部〜by関西NICE
『きらくぶ』とは、国際ワークキャンプと言うスタイルのボランティア活動を世界約90ヶ国で約3,000プロジェクトを展開する、国際NGO.NICEの関西事務局、関西NICE(西日本国際ワークキャンプセンター)のイベント部門です。

主に「旅」「ボランティア」「国際・海外」関係などを軸にゆるく気楽にイベントを企画・主催しています。

関西旅大学開校にあたって

旅大学は、「旅を学ぶ、旅から学ぶ」をコンセプトに、広い世界と新しい自分の発見が出来る授業に誰でも参加できる新しい形の学び場です。

 
東京で年間120回以上(なんと3日に1回のペース・・・!!)開催している旅大学ですが、残念ながら関西にお住まいのみなさんとお会い出来る回数は限られておりました。
 
しかし、今年は関西でも東京と同じくらい旅大学をたくさんしていきます!!
 
ぜひみなさまと一緒に、関西で「若者が旅する文化」を作っていければと思います。 

※キャンセルポリシー等、こちらを必ずご覧下さい。 

旅大学のその他のご案内


日時
: 2019年02月03日(日) 16:00
教室
: Benten LAND
定員
: 20名限定
講師
: 青木晃一 , 山本 龍之介 , 張本 舜奎
参加費
: 1,000円 (一般)
: 1,000円 (学生)

NEWS