海外に行ったことも無いし、パスポートも持っていない僕に「旅大学」が与えてくれたもの

おはようございます。旅大学スタッフのだいきです!(海外に行ったことも無いし、パスポートも持ってません)

2017年の夏から約半年間、東京で主に学生向けの旅大学を企画&運営していました。今回は、僕の人生をいい意味で狂わせたと言っても過言ではない「旅大学」について少しお話したいなあと思います。

今はなきTABIPPO代々木オフィスでその姿を見たことがあるぞ!という方もいるかもしれませんが、はじめましての方もたくさんいると思うのでまずは自己紹介から始めます。



1996年7月生まれの現在21歳学生。旅大学を主催するTABIPPOの人間であるにも関わらず、なんと海外渡航経験はゼロ。これまで旅した国はジャパンオンリーという、TABIPPOにしては異色の経歴の持ち主。

2017年6月より、TABIPPO学生スタッフとしての活動を始め、東京支部旅大学チームのリーダーとして半年で約10回の旅大学を開催。趣味はスポーツとドライブとおいしいものを食べること。アルバイトはもつ鍋屋と運動会屋。

こんな人間です。

この記事の目次はこんな感じ。

◉TABIPPO学生スタッフって?
◉なんとなく面白そうな旅大学チームに!
◉転機となった日
◉旅大学ライフの始まり
◉そんな僕が思う、旅大学の魅力
◉旅大学を経験した僕の今後

では、すこしずつ進めていきますね。

◼︎TABIPPO学生スタッフって?

僕は全国9都市、約300人の仲間たちと、学生スタッフとして活動していました。活動内容は、旅大学などのイベントやWEBメディアの運営、さらには全国総動員数約1万人の旅イベント「BackpackFESTA」を作り上げることです。各チームにわかれ、自分の得意なこと・好きなことをやることができます。

サークルや部活と違って1年で活動自体は解散となるため、僕は2018年の2月でその任期を終えましたが、TABIPPOは今年も一緒に旅を広めてくれる学生メンバーを募集しています。

ただの馴れ合いではありません。最高の感動体験や圧倒的成長、そしてかけがえのない一生もんの仲間を得たい学生はぜひ応募してみてください!かなりおすすめです。

詳しくは「TABIPPO学生スタッフ募集開始!」

◼︎なんとなく面白そうな旅大学チームに!

学生スタッフになり、僕は数あるチームの中から「旅大学/おもしろイベントチーム」を選びました。このチームを選んだ理由は「おもしろいイベントをつくって人を楽しませたかったから」です。大きな声では言えませんが、「旅を広めたいから!」なんてこれっぽっちも思っていなかったんですよ。(だって海外に行ったこと無いし...)

個人的に自分企画でいろんな遊びをするのが好きで、竹から作る流しそうめんとかやってました。

その延長線上で、自分の友だちだけでなく、もっともっといろんな人を楽しませられたらな、と思ったのでこのチームを選んだんですね。
 

つまり!

旅大学の存在は前から知っていたし気になってはいたけど、「旅大学/おもしろイベントチーム」の、”旅大学”のほうではなくて、どちらかというと”おもしろイベント”のほうに興味がありました。

「いやそもそもおれパスポートもってねーし、海外いったことねーし、旅出たことねーし!!!」ってというのが本音でしたね。(こんなんで旅大学チームのリーダーなんてやってしまってごめんなさい。)

◼︎転機となった日

ところがどっこい、転機は直ぐに訪れました。

チームが決まって数日後、新宿の紀伊国屋書店でTABIPPOの本の出版記念としての旅大学が開催されました。(これはTABIPPOの会社の方が企画したものです)形式は、TABIPPO代表しみなおさん含む3名のトークセッション。

あんまり乗り気ではなかったのですが、まあ旅大学チームになったしな、という気持ちもあり、友人に連れられイベントに足を運びました。

つまり、初めての旅大学は僕も参加者だったんです。無料だし、これから自分で企画することになるし、友達がいくしと条件がそろっていたから何気なく参加してみたんです。(ほんとよくリーダーになったよなと思いつつ)

そう、この何気ない決断こそが僕が旅大学に夢中になるきっかけとなったのです。

イベントが始まって、自己紹介が終わり本題にうつるといつのまにか、旅人3名のトークに夢中で聴き入ってしまっている僕の姿がありました。それはもう、話を聞いてるだけでわくわくして、自分もこんなことしてみたい!と思わされることばかりでした。

「そんな景色どこで見れんの!?」
「そんな場所どーやったらいけんの!?」
「そんな状況にどうしたら遭遇すんの!?」

と、中学高校と真面目に部活と勉強しかしてこなかった僕には、あまりに刺激的だったことを今でもよく覚えています。

趣味のドライブで全国いろんなところにいったり、四国まで仲間とヒッチハイクをしたりして「旅」に少しは興味があったけど、海外に謎の抵抗を持ち、まずは国内でしょ、と海外渡航に否定的だった数分前の僕はどこへ。

全て聞き終え、出版されたばかりの本も購入しちゃって、3人のサインまでゲットして、今日教えてもらった絶景以外にはどんな絶景があるんだろう、なんてことを考えながら家に帰りました。今でこそ旅の話は聞き慣れているけれど、初めての僕にはとても刺激的で何かのきっかけとなる大切な1日となりました。
 

◼︎旅大学ライフの始まり

それからというもの、当初の目的だった”おもしろイベント”をそっちのけで、”旅大学”の開催に取り掛かりました。初めての旅大学に参加した時の僕と同じような感覚を、もっといろんな人に味わってほしい。自分は旅をしたことがないけれど、きいただけでわかる「旅」の面白さを伝えたい。けれど半分は、自分自身がもっと面白い話を聞きたい!そんな理由で旅大学を企画していました。


イベントを成功させるためには「期待され」「期待に応える」必要がありました。友達同士の遊び企画であれば、楽しませればそれで全てOK。みんな友達だし、なんとなく楽しそうであればみんなが乗っかってきてくれました。

けど旅大学では、全く僕のことを知らない人に「期待される」のは想像以上に難しく、そもそもどんな内容だったら興味を持ってもらえるのか、タイトル決定に記事の執筆、考えなければならないことはたくさんありました。ときに考えた企画に参加者が集まらず、イベントを中止しなければならないときもありました。

そんな中でも、旅大学チームのメンバーと一緒に試行錯誤し、学生にウケる企画は何か?どうやったら若者にきっかけを与えられるか?をひたすら考えました。



旅大学の参加者の7割は社会人の方です。上に書いた僕自身初の旅大学も、その後に参加した旅大学も、周りを見ると大人の方ばかりでした。僕らのような学生にも旅を広め、きっかけを与え、仲間を作りたいと、「スマホカメラ」「高校生」「旅後の人生」など、いろんな角度からテーマを考えイベントを作りました。僕らが必死に作ったイベントに満足した顔で帰っていく参加者をみると、たまらなくうれしい気持ちになりました。

でも実は、僕一人でやりきれた旅大学はひとつもないんです。旅大学チームのメンバーたちとの協力があってできた旅大学でした。


 

◼︎そんな僕が思う、旅大学の魅力



ここで、参加者も企画者も経験している僕から、旅大学の魅力を3つに絞ってお伝えします!

①「きっかけ」を得られる!

旅大学の講師は、ほんとに経験豊富な方ばかりです。それでいて話が本当におもしろい。自分の知らなかった世界を知ることで、自分も一歩踏み出すきっかけをもらえます。(その典型例がぼく。)僕のように、旅を知らなければ知らないほど、新たな発見ばかりでイベントを楽しめるんじゃないかなあと僕は思っています。

②仲間ができる!

たった1回きりのイベントで、そんなつながりできないでしょ、と思っているあなた。旅大学をなめないでください!!旅大学終了後には、基本、任意参加の交流会が開催されます。別料金になりますが、絶対に参加するべきです。

また、周年パーティーなどイベント自体が交流会になっているものは、仲間をつくる大チャンスです。僕も旅大学や交流会で出会った仲間とSNSアカウントを教え合ったりして、今でも連絡を取り合っています。

③テーマが幅広い!

旅といっても、毎回毎回同じような旅のトークをするわけではないのです。「世界一周」や「夫婦旅」「自転車旅」「女子旅」と、ゲストによって「旅」のテーマは変わります。また、旅に関連して「ライティング学」「カメラ学」「英会話」など、ためになるワークショップも開催しています。

そのため、どれだけ参加しても飽きることはありません。少しでも興味を持ったテーマの旅大学には、積極的に参加することをおすすめします。

◼︎旅大学を経験した僕の今後

半分は、もっと多くの人に自分と同じ感覚を味わってもらいたくて、もう半分は、自分がもっといろんな話を聞きたくて自分のために開催した旅大学。

本当にたくさんのことを学びました。いろんな人と出会いました。たくさん刺激を受けました。

そんな旅大学ライフを経験した僕は、ある決断を下したのです。

そう、

 

「世界一周をしよう!!!!」

1年前には考えもしませんでした。まさか自分が世界一周をすることになるなんて。

今年2018年9月ごろ出発し、およそ5ヶ月間、今付き合っている彼女と一緒に世界を西回りにぐるっと一周してきます。(カップル旅ですよ!うらやましいでしょ!)

それもこれも旅大学でいろんな話をきいて、「旅」や「世界一周」に魅力を感じたからです。旅大学は僕に、確かな一歩を踏み出させたのです!

しばらくは旅大学を離れますが、世界一周を終えて、今度は自分もみなさんをワクワクさせる"旅人"となって、この場に戻ってきたいと思っています。(旅中はブログを書くのでぜひ読んでくださいね。)


長くなりましたが、以上で終わりたいと思います。

それでは、世界のどこかで。

旅大学が気になる方は、LINE@も登録して下さい!

\気軽に質問もくださいね/