”アウトローな生き方について考える”新しい時代のライフスタイル学

もっともっと人と違う(=アウトローな)生き方がしたい。そう思っていても、日本社会の枠組みの中ではやりづらいでしょう?だって、周りと同じことをやって高い成果をあげた人が評価されますから。 今回は、旅人界のレジェンドであり名著を生み出す作家でもあるロバート・ハリスさん、美容師として髪を切りながら世界一周をした藤川英樹さん、社会とLGBTの溝を埋める面白くさりげない活動を続ける太田尚樹さんをお呼びしました。 この3人から、人と違うアウトローな生き方ってなんだろう?ということを感じ取っていただき、悩んでいるあなたの助け舟となれば幸いです。  

今回の講師は...

ロバート・ハリス/Robert Harris 横浜生まれ。高校時代から国内、海外をヒッチハイクで旅する。大学卒業後、東南アジアを放浪。バリ島で1年を過ごしたのち、オーストラリアに渡り、88年まで16年滞在。シドニーで書店兼画廊「エグザイルス」を経営する。また、映画、TVなどの製作スタッフとしても活躍。帰国後、92年よりJ-WAVEのナビゲーターに。 現在、作家としても活躍。その独自の生き方や世界観が若者やアーティストから熱く支持されている。著書に『エグザイルス』『ワイルドサイドを歩け』『黒く塗れ!』『人生100のリスト』『アフォリズム』などがある。

20歳から美容一筋でもがくも、25歳~28歳までオーストラリア、世界一周と海外でハサミを持って遊び呆け、貯金も職も家もなく再び東京へ。がむしゃらに3年過ごし、運良く30歳で恵比寿、代官山に接客はしない、お客様はいない美容室 Broccoli(ブロッコリー) playhair を立ち上げれた。32歳で(株)モテルを設立するも、愛犬からあげに溺れる。一生髪を切り続けたい美容師としての藤川英樹、ハサミを持たない藤川英樹をこれからどうプロデュースしていくのか。ただいま奮闘中。

1988年大阪府生まれのゲイ。大学在学中の旅が転機となり、セクシュアリティをオープンにすることを決意。卒業後、新卒で(株)リクルートホールディングスに入社。ブライダル事業本部にて、大手結婚式場の集客・出店戦略のコンサルティグを担当。仕事に熱中する一方で、セクシュアルマイノリティとして社会で生きることの難しさを痛感し『やる気あり美』を発足。『人の意識を最も変え得るのはエンターテイメントだ』というポリシーのもと、「ちゃんと面白いけど、さりげなく多様なセクシュアリティへの理解が深まる」コンテンツをWEBサイトにて配信する。2015年3月にリクルートを退職し、現在はLGBT関連新規事業開発に従事。

   

どうしてこの3人なの?「レール外れて楽しそうに生きてるな」って感じるから

TABIPPOの社長「今回の講義にあたって、アウトローって誰かなあと考えてポンポンポーン!と上から浮かんだ3人をお呼びしました」。

3人「なにが上から3人だよ!」

そう言いつつも嬉しそうな顔を見せるハリスさん、英樹さん、太田さん。会場も一気にやわらかい空気に包まれます。  

アウトローってなんですか?

「社会秩序からはみだした者という意味だよね。でも、今回は心のアウトローっていうかアウトサイダーっていうことだと思う」

旅大学の生徒さんには、授業開始前にあなたにとってアウトローとはなんですか?という問いに答えてもらいました。その後グループを作って話し合ったこともあり、これから始まる講師陣の話に熱が入ります。  

旅と自分について<ロバート・ハリス>

高校を卒業後すぐ世界一周に出たハリスさん。今でこそ海外に行くのは普通になりましたが、1967年という日本が海外渡航自由化してまだ数年の頃の話です。旅の原点はというと、もともと歩いてどこかに行くのが好きだったのが高じてヒッチハイクで行った北海道。崖から80m近く滑り落ちるという九死に一生の経験をしたことだとか。(詳しくはコチラ)

「覚えてるのは、帰りに迎えに来てくれた母親と松葉杖つきながら乗った飛行機で見た北海道の大自然。そこで旅っていいなあ...って思ったんだよね」

3人「そこで思っちゃったんですか。」

高校生の間に大体日本のあちこちへ行ってしまい、卒業から大学入学までの期間に初めての世界一周へ旅立ちます。  

帰ってきてから就職しようと思わなかったんですか?

「思わなかったね」(ハッキリ)

世界一周中のインドで人生のやりたいこと100を書き出したところ、定住したりサラリーマンをすることが自分には無理だという内容が書いてあったそう。 さらに1年間のアメリカ留学を経て、ベトナム戦争で理不尽に人殺しが行われたり、また良い学校に行って良い会社に入って良い車を持ってといったことが正しいレールとして敷かれる中で、「これってなにかおかしいんじゃないかな?」と思い、ヒッピーになります。 ヒッピーとはジョンレノンとオノヨーコを思い浮かべるとわかりやすいと思いますが、1960年代後半にアメリカのヴェトナム反戦運動や公民権運動を中心とする反体制運動から生まれた、「ラブ&ピース」を提唱し自然回帰を目指す若者の総称およびそのムーヴメント(引用:artscape)のことです。 そこで色々な経験を経て帰国。しかし東京の大学に通いながらも何か窮屈な気分が続き、早く東京を出たい!と思った末に当時の奥さんと300万円(今の1,000万円相当)を貯めて卒業直後に海外へ渡航したそう。

「当時はギリシャのエーゲ海あたりに家を借りて作家になろうと思ったんだけど、作家になるにもネタが足りないと思ったからまずは旅に出たんだよね。」

みんな「はははは」  

旅と自分について<藤川英樹>

初めて海外へ行ったのは25歳やねん、と話す英樹さん。それまでは六本木や表参道で美容師として働き、練習しては寝ての繰り返し。カリスマ美容師になったこともあり、夢は自分のお店として高級店を開くことだったそう。そんな時、オーストラリアにお店を持っている先輩に誘われて遊びに行ったことが転機になります。(詳しくはコチラ)

ところで... ハリスさん「カリスマ美容師の時はモテたでしょ?」

「あの時はモテましたねえ。モテ防止でこの髪型にしたのが5年くらい前なんですけど、それから彼女ができたことない」

「すごい彼女頷いてる」

生徒さん「まぁ...。」  

それから世界一周へ

半年間お店で働いたものの、技術力を上げることに限界を感じて辞職。美容師以外の世界として真珠の養殖をすると同時に、「僕が髪を切ります」というチラシを街中に貼って美容師も続けます。 3,4ヶ月経つと髪を切ることでお金も稼げるようになり、はさみと張り紙があればどこでも生きていけるんちゃうかなと思ったそう。それから1年半に及ぶ世界一周に飛び出します。  

日本に帰ってきてから窮屈じゃなかったですか?

「いやあ、僕海外にそんな興味ないんですよね」(ハッキリ)

世界一周から帰ってきてからもなんとなく家に足が向かず、実はそのまま韓国へ行った英樹さん。3ヶ月後には仕事がしたくて帰国しますが、それが良いリハビリになったといいます。 自身のライフスタイルの中心は仕事であり、髪を切るのであればやはり東京のど真ん中で勝負したい。それが海外に興味がないと言い切れる理由であり、窮屈だと感じなかった理由でしょう。一方で旅をするうちに高級店を開くという気持ちが消え、帰国後に店長として働いたお店を買い取り、自身のお店として独立したのが今の「Broccoli playhair」(接客はしない お客様はいない)です。  

旅と自分について<太田尚樹>

実はそんなに旅の経験がない、と話し出す太田さん。幼少期からエリートになりなさいと育てられ、自身もそれを信じて走ってきた中で、ゲイであることも「カミングアウトするときが死ぬ時」と思っていたそう(詳しくはコチラ)。 転機が訪れたのは、ピースボートで100日間世界をまわった大学在学中。ベトナムで仲良くなった女の子にお金をあげようとしたところ、失礼だと言われたことがショック療法になったとか。

良かれと思ってやったことだけど、相手の気持ちを全然理解できてなかったんですよね。それが、自分にとっては結構大きかったです。

それからなぜかニカラグアについて調べることにハマって、現地の辞書とか使ってひたすら調べてました、船で。」 いつの間にか、目的を探すより考える経過に夢中に。そんな時、ふとゲイであることを言いたいという気持ちが芽生え、エジプトに着いた夜、信頼している女の子に絞り出すようにカミングアウトします。その時言われた、「マジ悔しいよね」という一言が太田さんの人生の岐路になったそう。 帰国してからも受け入れられることが続きますが、社会人になってつまずきを感じた時に始めたのがやる気あり美(さまざまなゲイの、色々 世の中とLGBTのグッとくる接点をもっと.)です。  

っていうか、社会のレールを外れることに対して不安はなかったんですか?

 

ハリスさん

「あまりなかったね」(ハッキリ)

1960年代はクレイジーな人が多く、勉学に励んでいたと思ったら居酒屋の店長になっちゃったり、旅に出ちゃったり。将来に対して不安を持つ人は少なかった上に、なんとかなるよという雰囲気だったそう。特にハリスさんは日本語と英語のバイリンガルという強みを生かして、どこでも生きていけるという自信があったといいます。 「ハリスさんはそもそもレールが無かったんじゃないですか」

40代前半まで続く海外生活では、ブックショップ経営やセラピスト・ラジオDJ・映画翻訳・ギャンブラーなどを経験。帰国後日本のバブルが弾けて失業し、ゲーセンに通うような毎日を送っていたところラジオDJの話が舞い込みます。それがきっかけとなって、自身の子供時代からブックショップ閉店までの半生を描いた自伝を書き上げました。 「ヒッピーだったし、社会からドロップアウトしてフリーに生きることが普通だったのね。大事なのはどうやって生きていくか。それが僕にとっては作家という職業だった」  

英樹さん

「俺、今でもレール乗ってると思ってんねん」(ハッキリ)

あまりビジョンや夢を持たないという英樹さんは、今やりたいことをやる、そのスピードは誰にも負けないという自信こそが自分の後ろにレールを作っているのではないかといいます。前には何もないかもしれないけど、やっていくうちにレールは出来ていると。 例えば、Broccoli playhairでは宣伝広告を出さずに口コミだけで運営されています。接客はしない お客様はいない美容室というのも、つまりお客さんをお客さん扱いしないということ。気心知れている連れとして接することが、彼が美容師として、また世界一周を経験したからこそ生まれた、東京のど真ん中で勝負するスタイルになったのでしょう。  

太田さん

「僕はもう、めちゃくちゃレール外れたと思ってますね。」

世界一周をしたことで、エリートを目指したり自分をよく見せることにあまり価値を感じなくなっていった太田さん。それでもやはり、今までの頑張りに対して思いを断ち切れない。その思いを成仏させるべく一旦大手企業に就職しようと決意し、大手リクルート会社の最難関といわれるグループに配属されます。 「八重洲の37階のビルで仕事して、六本木で飲むみたいなことしてました。でも、3ヶ月したら飽きましたね。月9の嘘つきっ!

なんだかんだ仕事が楽しくなり2年間続けた末、もういいと感じて辞職。現在はブランディングの仕事をしながらやる気あり美も活動中。自分のキャリアをどう作っていくかや目的を探す思考のクセは中々抜けないといいますが、「大手」や「セレブ」などには全く興味がなくなったといいます。  

"What"ではなく "How"を探そう

「多くの人は、職業や何をするかに目が行きがちなんですよね。でも本当に大事なのは、自分がどうありたいかってことだと思うんですよ」

旅の良いところは、たくさんのHowに出会えるところ。例えば美容師だったらみんな知っているけど、世界にはこんな美容師(How)やあんな美容師(How)がいるんだということを知ることができる。そうすると英樹さんのように、接客はしない お客様はいないといった唯一無二のレールを敷いていくことができたりするのでしょう。 ハリスさんが勧めるのは、人生やりたいこと100のリストを作ること。机に座って将来何をしたいかを考え込むよりも、単純にやりたいことを並べて書いてみるだけで方向性がなんとなく分かってくるとか。

「ハリスさん、今何個くらい達成してるんですか?」

「今?80個くらいだね。達成すると死んじゃうから、常に書き足してる」  

自分にとっての「正しい」道を作ろう

遠い未来の自分がどう在りたいか。そのためにはどんな道を通ったっていい。私たちは、お金がなくても生きられるしあってもいいかもしれないし、結構なんでもアリの世の中に生きています。 世界の人がどんどんミックスされていく中で「なにが正しいか」なんて価値観がなくなってきていること。それは、昔この先に良い未来しか待っていないと信じた人達よりも、実は厳しい時代に生きているということかもしれません。一人一人が、自分の前に自分だけの道を作っていくことが「幸せ」を見つける作業でもあるのですから。 悩んでいるあなた!WhatよりHowを探してみよう。そうだ、旅に出よう!(ハッキリ)