センスの欠片もないわたしが世界遺産を自分色に染めてみました

こんにちは。インターンのはるな(@harharna_)です。

いきなりですが、みなさん絵を描いたり塗り絵をするのは好きですか?

私は小さいとき本当に嫌いでした。姉と比べられて「センスなっ!」っていう罵声を浴びた幼少期。もう絶対やらないって決めたのを覚えてます。だから絵は下手だし塗り絵のセンスすらありません。

でもそんな私のところに舞い降りてきた世界遺産の塗り絵。久しぶりに塗り絵がしたくなったので、家族の見えないところでひっそりこそこそと塗り絵をしています。芸術の冬が始まりそうです。

今回は4月1日に開催される『旅する画家と一緒に、世界遺産の塗り絵を楽しむワークショップ』を一足早くやってみました。

世界遺産の塗り絵ってなに?

まずこれですよね。正直私も知らなかったです。

今回の講師松田さんが世界遺産を巡りながら、壮大な景観を独特の表現手法で描いた物です。

説明するより見てもらった方がいいと思うので少しだけ公開します!だだんっっ

すごくないですか?全部塗り絵なんですよ!他にも世界遺産がたくさんラインナップ。

ちっちゃくて見えないんだよ!!って思ったあなた、本屋さんにその足で駆け込んでチェックしてください

ってことでこんな塗り絵があるなんてすごい!自分の好きな世界遺産を自分の好きな色に染められちゃうなんて素敵すぎる。そんな思いで、実際にやってみました。

その前にもう1回言わせてください。塗り絵のセンスありません。期待しないでみてください。

それでは早速世界遺産塗り絵を開始

わたしが選んだのはメキシコのグアナファト
中南米に行きたくて外大のスペイン語に通うほどあのラテンな感じが好き。イメージしやすそう。その考えだけでメキシコに決定

、、、、、、、、、、、。

やばい、当たり前だけど本当に白黒だ。しかも、細かすぎ。

久しぶりに見た塗り絵。私、10分くらい睨み合いました。そして悟りました。

これはフィーリングだ。恋といっしょだ。フィーリングで色をつけていこう、
(恋とか久しくしてない事に後々気づいた)

どうやったら綺麗に塗れるのかとか、「わ!すごい!」って言われる物ができるのかとかそんな事は考えるのをやめて思った色を思ったところにのせて、できるだけたくさんの色を使って、ときには色を重ねて、さっきまでの10分が嘘のように手が進む進む!

これだけ細かいと途中でもちろん行き詰まって、気分転換に写真を撮ってみたり。

でもやっぱり楽しくて塗りたくなっちゃって、えいっ!とりゃっ!これでどうだ!っと言わんばかりすすすーーーっと塗り絵を再開

一つの色でも薄かったり、濃かったり、グラデーションにしたり色々な色の使い分けが出来て発見もたくさん。

めっちゃ良さげじゃないですか、これ。ここの部分だけお気に入り。全体的にみると・・・・。

いや、でもこれはみんなに見てもらいたい。塗り絵で褒めてもらいたい、その一心で色鉛筆を動かすこと1時間

自分色のメキシコシティーになりました!これが本当にあるわけでも、上手いわけでも、センスがあるわけでもないけど、世界にこんなカラフルな街があったらって考えるとワクワクする!!たぶんそれがこの塗り絵の良さなんじゃないかなって思います。

結論

もしかしたら塗り絵に上手いも下手も関係ないのかもしれない。自分が感じた色を白黒の線に乗せたらそれはひとつのアートになるのかもしれない。

久しぶりの塗り絵正直めっちゃ楽しかったです!!センスがあるとかないとか、センスなって思われるのが怖いとかほんと考えててもしょうがないです。(このセンスの無さを全国の皆さんに公開してる私が言うんだから)

それにこのイベントにはこの塗り絵を作った松田さんが来てくださいます。絵を描くときに気をつけていること、塗り絵のコツを教えてもらって上達するチャンス!是非会場にお越しください!!

イベント詳細

日時    : 2017年04月01日(土) 17:00
教室    : TABIPPO代々木オフィス
定員    : 20名限定
講師    : 松田光一
参加費    : 3,000円 (一般)
     : 3,000円 (学生)
イベントURL:http://tabi-daigaku.jp/lessons/333