2018年7月21日 (土)
東京 旅とクリエイティブ学部 開催終了

【7/21・7/28 東京】毎日がもっと楽しくなる!旅する「あたま」の作り方vol.2

日時
: 2018年07月21日(土) 14:00
2018年07月28日(土) 14:00
教室
: TABIPPO渋谷オフィス
定員
: 20名限定
講師
: 古性 のち , 舘そらみ
参加費
: 10,000円 (一般)
: 10,000円 (学生)

※<重要>本イベントは延期になりました!

Text by 恩田倫孝


 

ねえ。

ねえ。

さいきん、五感冴えてる?

毎日たのしい?

**

毎日の過ごし方で、なんとなく当たり前になってしまった「日常」を「非日常」にもできるし、少し弱ってしまった五感を研ぎ澄ませることもできる。






2月に開催して、一部で話題になった?旅大学をさらにバージョンアップさせました。今回は全二回になりました(さらにすごくなりました)。全然テキストで伝わらないということだったので、動画でお伝えしようと思い、ゲストで集まってトークをしたので、見てくださいね。



 

こちらです...!(注目は右にいるそらみさん)



...どうですか?

伝わります?(やばいでしょ。)
 

>>>気になったらLINE@に登録してね!<<

企画者&ゲストは誰?

さて、こんな企画をしてしまったのは誰なのでしょうか?

◉古性のち/ライター・デザイナー

1989年生まれのフリーライター。「旅をしながら仕事をしたい」という思いを胸に美容師→Webデザイナー→Webライターと転職を繰り返してきた異色の経歴の持ち主。2016年に株式会社LIGでのライター経験を経てフリーとして独立。2016年6月より夢を叶えるべく、「世界中のかわいいを探す」をコンセプトに約7ヶ月間の世界旅へ出発。仕事と旅を両立しながら2017年1月に一時帰国し、現在はフリーライターとWebデザイナーを兼業しながら、場所に捉われず世界・日本中を飛び回りながらふわふわと仕事しています。

Blog - http://noccheese.hatenablog.com/
Twitter @nocci_84


◉舘そらみ/脚本家

1984年生まれの脚本家・演出家・俳優。神奈川県生まれトルコ・中米育ち。 初1人旅は19歳の時。それから回り続け、訪問国は40カ国ほど。今は、東京と海外を行き来する生活スタイル。 創作活動としては、住居で行う「のぞき見演劇」など既存の枠に捉われない作風が多く、新聞に「徹底して無責任で刹那的」と評された。映画脚本「私たちのハァハァ」(2015)はゆうばり国際ファンタスティック映画際で2冠を受賞。7月からは、初の連続ドラマが放映される。 知らない人と酒を飲むのが大好き。
Blog - http://soramidate.hatenablog.com/

どんな人に来てほしいの?



楽しいひとが集まればいいなって思ってます。とにかく「新しいこと」をやってみたい人は、大歓迎です。クリエイターとか、ライターである必要はまったくありません。自分の中を空っぽにしてみたいとか、変わったイベントに行きたいくらいの動機がいいと思います。たぶん、ここまで記事を読んでる人は、もう来ちゃうと思います。これ、ほんと楽しいイベントです。(自信を持って言えます)
 

イベントをもう少し詳しく...!

ゲストのそらみさん(脚本家)に概要が分かる文章お願いしたら、もの凄いながい文章来ました...みなさん、ぜひ最後までよんでくださいね。

7月21日テーマ:

「アーティスト感覚を、憑依させよ!〜私にしかない感覚を手に入れよ〜」

同じ風景を見ても、「これが、何か?」と無感動な人と「ワクワクするー!」ってテンション上がる人が居る。その差はきっと、”楽しみ方の小さな芽”を知ってるかどうかの違い。

ただの景色を見ても、「あー楽しい!」ってなれたらいいし、
普通の食べ物を食べても、その人だけの独特表現で表現できたらいいし。
そんな、「日常を一気に楽しくする」方法を、探します。
演じる力を使って。

ってことで、もう色んなことして、繊細なアーティト感覚を憑依させちゃいまーす!
1日で驚くほど感覚が過敏になり、
旅大学を終えて一歩部屋から出たら「こんなに空って高かったの!」って驚くし、
「なんだかちょっと面白い見方をするようになった!」って自分に気づくだろう。

そうそれは、旅に行った時の感覚のよう。
ふと見る景色が面白くて、思わず看板にツッコんじゃって、何にもしてないのになんだか楽しくて。
そんな、「感覚が繊細」の自分に、出会おうぞ。

具体的にやるのは、例えば。

感覚を研ぎ澄まさせろ①<何てことはないものに感情移入ごっこ>
「うわあ、この割り箸、見事に四角い」
「階段ってどうやって作るんだろうね」
そんな風に、とりあえず目に映るものに興味を持ったフリをしてみたり。
繰り替えしていくと、「なぜか心が惹かれる」感覚が研ぎ澄まされていく。

感覚を研ぎ澄まさせろ②<全員曲者のアーティストごっこ>
例えば頭の中でずっとリズムを刻むアーティストとか、
例えば決して左手を使おうとしないアーティストとか、
「少し変な感受性」を持った役を設定し、演じてみる。
全員が曲者のアーティストとなり、一つの作品を作ってみよう。
それだけで色んなものが全く違って見えてくる不思議。

インプットしたものを熟成させろ<妄想爆発の状態を手に入れる>
妄想って技術がいる。
でも、妄想ができるかどうかで、アーティスト具合は大きく変わる。
感覚が研ぎ澄まされていても、外部からの刺激をただ垂れ流したら面白くない。
一度自分で、熟成させないと。それが、妄想。
どんな姿勢だと妄想しやすい?何を使ったら妄想しやすい?
その妄想の色は?言語は?スピードは?
妄想を解き明かし、自分なりの「最高の妄想法」を手にいれる。

そしてアウトプットへの架け橋<最も伝わる「好きだ」の秘訣>
そんな風に熟成させたら、より人に伝わる「アウトプットの秘訣」を試してみます。
例えば同じ「好きだ」のセリフでも、伝わる方法と伝わらない方法があって。
伝わる秘訣って、実は意外なものが隠されている。
日頃俳優と使ってる手法を使って、目から鱗が落ちるような、「アウトプットの秘訣」を伝授。

せっかくだから創作を<個性まみれの演劇作り>
そしたらせっかくだから、1日の全てを込めて演劇作品を作ってみよう。
「こんなぶっ飛んだの作れるのか!」と、発想の飛び具合に驚くレベルになってるはず。

と行った感じで、とにかく、
「こんなん人生で考えたことない!」の連続の1日。
常識ぶち壊して、頭のおかしいことばかりをやろう。
その先に、自分だけにしかない感覚が訪れる。
世界の見え方がガラッと変わる、そんな1日目。

そんな、フィクションばかりを作っている脚本家が今いっちばんやりたい1日。
現実を何十倍にも面白がる手法探しの1日。

※カリキュラムは、当日のメンバーと天気とかで変わります。
全然違うことやるかもだけど、最もその時に「アーティストになれる状態」を目指して!

7月28日:



「毎日をもっとときめく為の五感ワークショップ」


「音・書く・撮る・食べる」の4つの感覚から、まるで旅をするようなワクワクやドキドキを味わえる時間を、ワークショップを通してつくります。

それは、とある音楽をききながら文章を書いたり。
それは、町をいつもと違う目線で切り取ったり。
それは、音を生き物としてとらえてみたり。

きっと毎日が違う色で見える、大事なヒントになるはずです!

うん、とにかく凄い時間になるイベントです。終わったら、参加者同士でもの凄い絆が生まれます。(約束します)

イベントの詳細や申し込み方

◎会場はこんな所:
 TABIPPO 渋谷オフィス 
  ーアクセス:JR渋谷駅徒歩8分、マークシティの北の出口から徒歩3分
  ー住所:渋谷区円山町20-1 新大宗円山ビル9階

 

◎募集人数:
 20名程度

◎日時:
 7/21(土)  14:00-18:00
   7/28(土)  14:00-19:00

◎参加費:
一般(2回):10,000円
※個別でも申込みできますが、できる限り2回の参加をお待ちしてます。
※初日の後に課題もお出しします。

◎申込方法;

こちらのサイトより講座申込みボタンを押してくださいね。
決済のサイトの自動返信メールがきます。
※メールが来ない際は、
tabi-daigaku@tabippo.netまでご連絡下さい。
 
そして、入金を事前にされた方のみお越し頂けます。
※先着入金順となっております。 

※キャンセルポリシー等は、必ずこちらをご覧下さい。返金に関するポリシーですので、必ず読んでくださいね。

旅大学に登録無しで直接チケットを買いたい方は、こちらから。
※旅大学からのご案内や特典などは届かなくなります

前回参加者から感想を貰いました:

 

自分の心のエンジンをかけたくて、初めて参加した旅大学のイベント。6時間どうなるんだろうと少し不安でしたが、終わってみれば6時間なんてとっくに超えていました。

普段から文章を書いてなくても、旅したことがなくても全然大丈夫。日常の中に埋もれてしまいそうな自分に、何かおもしろいことないかなってワクワクしたい自分に、少しパンチの効いたスパイスを振りかけてあげるような。はたまた誰も開けられなかった小さい魔法の扉の鍵をパカっと開けちゃったような、そんな時間でした。

非日常の中で、おニューなエモい自分に出会う旅。帰りの電車の中で、そんな自分に「うん、いいんじゃない?」ってニヤニヤしちゃうこと間違いなしです。

ぜひ一緒に、旅するあたまになりましょう!そして旅するあしたに踏み出す一歩を、体感してください!
byもっちー

 

旅する「あした」と旅する「あたま」……これは一体なんの会なんだろうと思いつつ、不思議さに惹かれて参加。
ドキドキしながら待っていると第一のミッションがやってきた。

初対面の人の人格を決める。
初対面の人に人格を決めてもらう。

今まで別の人格で1日を過ごしたことがあっただろうか。
しかも自分の理想の姿ではなく、勝手に与えられた人格で。
この時すでにワクワクは始まっていた。

次のミッションは糸電話、続いてお絵描き。

こんなに楽しみながら作業に没頭したのは子どもの頃以来かもしれない。
実際やっている内容も子どもの頃にやっていた遊びなんだけど(笑)
でも、日常を楽しむヒントはそこにあった。
日常や当たり前のことにだって面白いことが詰まってる。

旅中の「あたま」はエモい文章も自然と出てくる。
普段隠している自分を引っ張り出せばいつでも「旅のあたま」になれる。

「いつも」を見直す旅。
ちょっとどこかを巡ってきたような、充実した心地のよい時間だった。
自信をもって言おう!
日曜日の午後を日本で一番楽しんだのは自分たちだったと!

byスパイク

さいごに

みなさんと普段過ごすことのないくらい、刺激的な時間になればと思ってます。楽しい時間を一緒に過ごしましょう!そして、ここに集まる人たちとイベントの後も濃い繋がりになりますように。


 

>>>気になったらLINE@に登録してね!<<

◎旅大学のその他のご案内

  

日時
: 2018年07月21日(土) 14:00
2018年07月28日(土) 14:00
教室
: TABIPPO渋谷オフィス
定員
: 20名限定
講師
: 古性 のち , 舘そらみ
参加費
: 10,000円 (一般)
: 10,000円 (学生)

NEWS